本文へスキップ

和傘のある風景を金沢に…工房明兎は、素敵な和傘、愛らしい水引細工をあなたにお届けします。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.090-2125-7256

〒920-0867 石川県金沢市長土塀3-8-51

コンセプト明兎の仕事

明兎とは(コンセプト)

○明兎とは
平成24年9月ごろ〜から
岐阜在住の田中富雄と金沢在住の山田ひろみ
二人の職人が和傘つくりを始めました。
自分の思う和傘を作りたい田中と
和傘が見えない、知らない、残したい山田の思いとのユニットです。
いい傘作ろう〜♪を合言葉に『和傘志主人』を増やそう!と日々試行錯誤しております。
また、水引の結ぶなかまを増殖させるために日々頑張っている、小さな工房です。
山田の 初めてのブログ、花結遊を作ったとき 小さな手仕事のお店を持つことが夢です。と書いておりました。 その夢を叶える第一歩に足を踏み入れた感じです。 和傘のイベントに、水引の生徒さんがいっぱい来てくださいます。 和傘の〆輪に水引を引いています。水引教室の作品展に和傘と水引のコラボをさせてもらったとき ご縁という大切ないつもがいっぱい詰まっているように思いました。
師匠田中氏からもらった、明兎(みんと) という名前が 工房『明兎』として、あなただけのオリジナル和傘を作り上げます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


『和傘志主人』

和傘・水引 工房明兎の造語

【和傘志主人】(わがさしすと)


【志】

いい傘作ろうを合言葉に、伝統・伝承を後世に    伝えるため志を持って和傘作りをしております。

【主】

あなたが和傘の持ち主であり、主人公です。
和傘は、さす人を格好良く、素敵に魅せるアイテムであり、さしているあなたが主人公です。

プロフィール


田中富雄

24.9 工房明兎 設立

岐阜県岐阜市生まれ
瑞穂市在住

H14. 株式会社マルト藤沢商店 入社
和傘の張り師として従事

H21.12 金沢和傘伝承研究会 設立時から
金沢市の依頼で講師として研究会員に張りの技術指導をする
その縁で、山田と工房明兎設立に至る


岐阜県瑞穂市本田545-1
090-3252-3001

山田ひろみ

H24.9 工房明兎 設立

金沢生まれ、大阪育ち、金沢在住

金沢市工芸協会会員(木工芸)
金沢和傘伝承研究会会員
ときどき水引講師

金沢和傘伝承研究会

H21.12 金沢和傘伝承研究会 設立

金沢和傘の松田弘氏が、ご高齢と共に、ずっと弟子をつらないと言われていましたが、
先の市長、山出保氏より金沢に加賀友禅があるのに金沢和傘がなくなっては困るとの意で
素地があるもの、生業があるものとして集められました。

和傘が木と竹と和紙から出来ていますから
集まったメンバーは表具師を中心に、技術やと木工の7人で活動を進めてまいりました。

和傘がなくなっては困る!と同時に、表具師の仕事もなくなっては困るもの。
表具師メンバーは、金沢唐紙として表具の技術継承にものりだし、和傘の技術伝承は明兎に任されました。
しかし、デザインや裏打ちなどの仕事には時々お手伝いしていただいております

スタッフ写真

Studio minto.info.店舗情報

和傘・水引 工房明兎

〒920-0867
石川県金沢市長土塀3-8-51
TEL.090-2125-7256
FAX.076-221-7007
→アクセス